Kids English Lab 管理人からのメッセージ

こども向け英語学習⽅法

Kids English Labにお越しいただきありがとうございます。
当メディアの管理人、TOMOです。

このメディアでは、子供とともに英語を楽しみながら学び、世界中の人とコミュニケーションが取れるようになることで、一人でも多くの人の人生が豊かになればという想いから立ち上げました。

地球はとても広いですが、そんな未知の世界に一歩を踏み出す勇気を与えてくれた存在、私にとってそれは英語でした。

私が高校2年生になった新学期の時に、クラスに知らない生徒が1人、教室に入ってきました。彼の話を聞くと、アメリカに1年留学してきて、今学期からこのクラスで新生活をスタートするとの事でした。

当時はアメリカに行くなんて夢にも思ったことがなかったので、彼の留学経験の話が今でも忘れられないほど新鮮でキラキラ輝いていました。

そして、英語の授業では、教科書の音読をネイティブのような発音でサラサラと読み、クラスがどよめいた事は今でも忘れられない記憶です。

その瞬間、「自分もアメリカで英語を学び、英語を話せるようになりたい!」と決意しました。

そして高校を卒業した私は、アルバイトをしてお金を貯め、ついに、英語もほとんど話せない、文法もほとんどわからない状態で、アメリカ留学を果たしました。

今思えば無謀な渡米(笑)だったと思いますが、当時は「何とかなる!」という根拠のない自信がありました。

しかし渡米した初日、お世話になるホームステイ先のホストマザーが空港に迎えに来てくれたのですが、迎えに来てくれたお礼を言いたくても、どのように伝えたらよいか、頭が真っ白になってしまい言葉が出てきません。

ホストマザーは車の中でも、ニコニコして私に英語で話し続けてくれていましたが、私は結局、彼女の言っていることが一つもわからないまま、ホストファミリーの家に到着したことが今でも忘れられません。

徐々に英語が話せるようになってきた!楽しくて仕方がない!

それから1か月が経っても、彼女の言っていることがほとんど何もわからず、とてもつらい日々を過ごしたことを今も昨日のことのように思い出します。

半ば家を逃げるように出て語学学校へ通い、家へ戻ると部屋にこもる、そんなつらい日々をしばらく過ごしていると、現地の語学学校で学んだ英語が少しずつですが理解できるようになってきて、ホストファミリーともコミュニケーションが取れるようになってきました。まだたった1つの出来事を何回も伝えて、やっと半分くらい伝わるくらいでしたが、それでもホストファミリーに感謝の気持ちを伝えられたのが何よりうれしかったです。

クラスメイトの外国人ともコミュニケーションが取れるようになり、友達と遊ぶのが楽しくて仕方がなかったです。そして無事にアメリカの大学に編入できる程度の語学力を身に付けることができました。

海外留学を終えて帰国したとたん、英会話力が、、、

無事にアメリカの大学を卒業後、日本に帰国し、企業に就職したのですが、入社して数年間は英語を全く使う機会がありませんでした。「まあ、一度身に付けた英語力は簡単には忘れないでしょ」という軽い気持ちで年月が過ぎ、何年後かに突然仕事で英語を使う事に。

そして、いざ会話を始めると、あれ?相手の言っている英語がわからない!こちらの伝えたい事が言い表せない!あの初めて渡米した際の焦りと緊張が一気に思い出され、一気に冷や汗が出ました。このままではいけない、何とかして日常会話レベルに戻さなくては、、、それから1年くらいでしょうか、ワンコインの英会話カフェに行ってみたり、オンライン英会話で話をしたり、いろいろとやってみましたが、なかなか思うように感覚を取り戻せませんでした。

マンツーマンレッスンで、忘れていた英会話力を取り戻した!

そんな焦りだけが募って時間だけが過ぎていた頃、たまたま友人から「ネイティブスピーカーの知人が日本人に英会話の個人レッスンのバイトを探している」という連絡がありました。私は「今すぐその知人を紹介してほしい!」と即答していました。翌日にはお会いして、すぐに「マンツーマンの英会話レッスン」が始まりました。するとどうでしょう、マンツーマンレッスンを受けてしばらくすると、あれほど忘れかけていた英会語が、徐々にできるようになってきました。

この経験から私は、「マンツーマンで相手の雰囲気や温度感、人柄を感じながら会話をするのが英会話力アップの近道だ!」と確信するようになったのです。

子どもが英語に目覚めた家族イベント

その後私は人生のパートナーと出会い、3人の子宝にも恵まれました。そして、英語との出会いは私の人生を豊かにしてくれたから、子供たちにも英語を好きになってもらいたい、そして人生が豊かなものになったら嬉しいな、と思うようになりました。そして子供たちに、英語に接するあらゆる機会を与えてきました。その中でも特に手応えがあった家族イベントがこの3つです。

  • 日本在住のネイティブスピーカーにほぼ毎日我が家に来てもらい、子供と1時間遊んでもらった。
  • The Young Americans(ヤングアメリカンズ)に参加させた。
  • 家族で1か月ほど海外に移住し、子供たちを現地のサマースクールに参加させた。

どれも遊びや体験の中で1対1の生きた英語を学ぶ、という共通点がありますよね。これら3つのイベントに関しては、それぞれ詳しく体験談をお伝えします。

Kids English Labについて

このメディアでは、子供とともに英語を楽しみ、英語でコミュニケーションが取れるようになるためのヒントを、私の経験も織り交ぜながらお伝えしていければと思います。

英語が話せると、外国人と話すのが楽しくなって、あなたや子供の視野も広がります。世界の異文化に触れることができ、人生も楽しくなる。そんなハッピーな体験をわが子にもしてもらいたい!そして家族と世界中でワクワクを体験する事を夢見る毎日です。

当メディア管理人
この記事を書いた人
TOMO

高校卒業後、アメリカ留学を経て帰国。英会話ができるようになった事で世界中の人とコミュニケーションが取れるようになり、異文化交流や海外旅行など、人生が豊かになったと感じている。自分の子供にも同じ体験をして人生を豊かにしてほしい!と思い、様々な体験をさせるべく奮闘中。当メディアを通して、全ての日本人に同じ潤いを与えたいと思っています。どうぞよろしくお願いします♪

TOMOをフォローする
こども向け英語学習⽅法
TOMOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました